個と組織の持続的成長を実現するには?
~先行事例に学ぶリスキリング戦略と人的資本情報活用術~

LPheader_archive-1

 近年、「リスキリング」「人的資本経営」「ジョブ型雇用」といった人事管理に関するキーワードが注目されています。その背景には、「日本企業の人事管理の変質」という大きなテーマが隠されており、新卒で一括採用した従業員をOJTで育成し、社内経験に基づいて処遇するという従来通りの人事管理のパターンを捨て、「多様性に満ちた人材を、データを使って組織的にまとめていく」という新しいスタイルを確立する必要性に迫られています。
 では今求められている人事管理をどのように確立していけばよいのか、事例や人事担当経験豊かなキヤノンITS社員の経験談も交えながら、人事部門担当者が抱えるさまざまな課題に目を向け、解決の糸口となるリスキリング/人的資本情報活用術を提案します。

このような方におすすめ

  • 「リスキリング」とは具体的に何をすればよいのか知りたい
  • 人的資本情報を活用したリスキリングの成功事例が知りたい
  • システムでの人的資本情報の活用事例を知りたい

 

★申込特典★
お申込いただいた方にはもれなく、リスキリングに関するFAQ集をプレゼント!
・本講演に登壇する深瀬勝範 氏監修
・2023年11月に開催されたHRカンファレンスにて、実際に寄せられた質問に対する回答
・リスキリングを進めるためのポイントなども記載

※こちらのオンデマンド配信は、2023年12月8日開催セミナーとなります。

視聴期間 2024年1月23日(火)~2月29日(木)
視聴時間 96分 / オンデマンド配信のため常時ご覧いただけます
参加費 無料
主催 キヤノンITソリューションズ株式会社
内容

・基調講演:「リスキリングを促進させる人的資本情報の活用術 ~事例と進め方~」

講師:深瀬 勝範 氏 (Fフロンティア株式会社 代表取締役 人事コンサルタント)
 リスキリングを効果的に進めるためには、各従業員のスキルに関する情報をキャリア開発や人材配置に活用し、また、リ・スキリングの進捗状況を社外に開示してステークホルダーから支持を得ることが必要となります。この講演では、「リスキリング」と「人的資本の情報開示」を車の両輪のように推進して企業価値を向上させている事例を紹介し、そのポイントについてご説明します。

・パネルディスカッション:
「人事担当経験者も語る!
人事部門の抱える課題と、リスキリング・人的資本情報の活用による解決術とは」

登壇:
深瀬 勝範 氏 (Fフロンティア株式会社 代表取締役 人事コンサルタント)
篠田 千佐(キヤノンITソリューションズ株式会社 SSコンサルティング部SS営業支援課)
木村 洋子(キヤノンITソリューションズ株式会社 SSコンサルティング部SS営業支援課 課長)

 人材確保・育成・開発、賃上げ、リソース不足等、人事部門が抱えている問題は様々ですが、なぜ今リスキリングへの関心が高まっているのでしょうか。そして個と組織が持続的に成長していくには人的資本情報をどう活用し、変革していけばよいのでしょうか。
 深瀬氏と、SuperStream-NX利用経験・人事担当経験豊かなキヤノンITS社員が登壇し、人事部門担当者が抱えるさまざまな課題に目を向けながら、解決の糸口となるリスキリング/人的資本情報活用術を提案します

・SuperStream-NXのご紹介
「リスキリング・人的資本情報開示の準備と効果的な活用を支援する
 SuperStream-NXのご紹介」

講師:村井 美咲 (キヤノンITソリューションズ株式会社 SSコンサルティング部SS営業支援課)
 SuperStream-NXを使った人的資本活用術のご紹介

 

視聴申込はこちら