日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

公営企業会計に必要な会計システムの要件や選び方、活用方法を徹底解説

公営企業会計に必要な会計システムの要件や選び方、活用方法を徹底解説

 スーパーストリーム

公営企業会計とは、国や地方公共団体が出資する、公営企業の財務状況や経営成績を明らかにするための会計です。

公営企業会計は、一般会計とは異なる基準やルールに基づいて行われますが、その内容や方法は公営企業の種類や規模によっても異なります。そのため、公営企業会計に必要なシステムの要件も異なる場合がありますが、一般的に重視すべきいくつかのポイントを押さえることで、公営企業会計に求められる要件を満たす可能性が高まるでしょう。

そこで今回は、公営企業会計に必要な会計システムの要件や、選び方のポイント、活用方法などを徹底解説します。公営企業会計に携わる方は、ぜひ参考にしてください。

公営企業会計とは?システムに必要な要件を解説

公営企業会計とは、地方公共団体が出資する公営企業の財務状況や経営成績を明らかにするための会計です。

公営企業会計は、一般会計とは異なる基準やルールに基づいて行われますが、その内容や方法は公営企業の種類や規模によっても異なります。そのため、公営企業会計に必要なシステムの要件も一概には言えませんが、一般的には以下のようなポイントが重要となります。

  • 法令や基準に適合すること
  • 決算書や報告書などの資料作成を効率化すること
  • 予算管理や分析機能を備えること
  • セキュリティやバックアップ体制が整っていること
  • 導入や運用のコストパフォーマンスが高いこと

上記のポイントを押さえることで、公営企業会計に求められる要件を満たす可能性が高まります。

以下では、公営企業会計に必要なシステムの要件や選び方のポイント、活用法について解説します。

公営企業会計システムの種類と特徴

公営企業会計システムには、大きく分けて以下の3種類があります。

独自開発型の会計システム

独自開発型の会計システムとは、地方公共団体が自らシステムを開発するか、外部のベンダーに委託して開発するタイプの会計システムのことです。

独自開発型の会計システムは、公営企業独自のニーズに合わせてカスタマイズできる反面、開発費や保守費が高くなる可能性があります。

パッケージ型の会計システム

パッケージ型の会計システムとは、市販されている汎用的なシステムを購入して利用するタイプの会計システムです。

パッケージ型の会計システムは、導入費や運用費が安く済む反面、公営企業のニーズに合わせてカスタマイズできない可能性があります。

クラウド型の会計システム

クラウド型の会計システムとは、インターネット上で提供されるシステムを利用するタイプの会計システムです。

クラウド型の会計システムは、導入費や運用費が安く済み、常に最新の機能やセキュリティを利用できる反面、インターネット環境やベンダーの信頼性に依存する可能性があります。

タイプ別の特徴比較

各タイプの特徴を比較した表を以下に示します。

タイプ

独自開発型

パッケージ型

クラウド型

導入費用

高い

低い

低い

運用費用

高い

中程度

低い

カスタマイズ性

高い

低い

中程度

最新性

中程度

低い

高い

セキュリティ安全度

中程度

中程度

高い

公営企業会計システムの選び方のポイント

公営企業会計システムを選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

公営企業会計制度の変更や税制改正などに素早く対応できるシステムであること

公営企業会計は、国や地方自治体の法令や基準に従って行わなければならないため、制度の変更に追随できる柔軟性や正確性が求められます。

業務の流れに沿った操作性や利便性が高いシステムであること

公営企業会計は、予算編成、執行管理、決算管理などの複雑な業務を行う必要があります。そのため、分かりやすい画面やメニュー、検索機能や帳票出力機能などが充実しているシステムが望ましいです。

サポート体制や導入コストが適切なシステムであること

公営企業会計システムは、長期的に利用するものです。そのため、システム開発や運用保守に関する知識や経験が豊富なベンダーやサービスプロバイダーを選ぶことが重要です。

また、自庁内サーバー設置型とクラウド型サービスから導入形態を選択できるシステムもあります。そこで、導入時や運用時のコストや負荷を考慮して、最適なシステムを選ぶことが大切です。

公営企業会計システムの活用方法

公営企業会計システムの活用方法は、以下のようなものがあります。

予算編成

公営企業会計システムでは、前年度の積算基礎コピーができ、経常的な費用についての予算見積入力が簡易化されます。

また、要求額、査定額(査定次数ごと)、確定額の全ての段階で予算集計表及び予算見積書が出力できます。

さらに、シーリング設定と枠配分で、査定業務効率化に資する予算編成時における予算統制が可能です。

決算管理

公営企業会計システムでは、発生主義に基づく複式簿記を採用し、資産や負債、収益や費用などの経済活動を正確に把握し、経営状況を評価することができます。

また、最も業務ノウハウが必要となる決算統計、消費税計算業務をシステム機能により簡素化します。

固定資産管理

公営企業会計システムでは、固定資産台帳の作成や更新、減価償却費の計算や仕訳、固定資産税の申告や支払いなど、固定資産に関する業務を行うことができるシステムを提供します。

企業債管理

公営企業会計システムでは、企業債の発行や償還、利息支払いや仕訳、借入金管理や返済計画など、企業債に関する業務を行うことができるシステムを提供します。

公営企業会計に会計システムを活用するメリット

公営企業会計システムを活用することで、以下のようなメリットが得られます。

経営状況の正確な把握

公営企業会計システムは、発生主義に基づいて収益と費用を対応させることで、各年度の経営状況を正確に把握できます。

また、財務諸表やキャッシュ・フロー計算書などの資料作成も効率化できます。

予算管理や分析の強化

公営企業会計システムは、予算管理や分析機能を備えています。これにより、予算と実績の差異分析や事業別・部門別・品目別の分析が容易にできます。

また、予算執行状況や資金繰り状況もリアルタイムに把握できます。

経営戦略や改革の策定支援

公営企業会計システムは、経営戦略や改革の策定に役立つ情報を提供します。

例えば、事業別・部門別・品目別の収益性や貢献度、資産効率や負債比率などの財務指標、料金改定や補助金財源の影響分析などが可能です。

 

このように、公営企業会計システムは、公営企業の経営改革や財政マネジメントに欠かせないツールです。そこで、各公営企業それぞれに最適なシステムを選び、効果的に活用することが大切です。

公営企業会計システムに導入すべき会計システムの特徴

公営企業会計システムに導入すべき会計システムの特徴は、以下のようなものが考えられます。

公営企業会計の制度に対応したシステムであること

公営企業会計においては、発生主義・複式簿記に基づく予算・決算制度が採用され、貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書等の財務諸表を作成します。

これらの財務諸表を正確に作成するためには、システムが公営企業会計の制度に準拠している必要があります。

経営情報を的確に把握し、分析や解析に活用できるシステムであること

公営企業会計では、ストック情報や損益情報などの経営情報を的確に把握することが重要です。

そのため、システムが取引のデータを容易に表計算ソフトなどへ展開し、各種分析や解析等に利用できる機能を備えている必要があります。

システムの導入や運用にかかるコストや期間を軽減できるシステムであること

公営企業会計システムの導入や運用には、多くのコストや時間がかかります。

そのため、システムがクラウド型サービスやLGWAN回線を利用することで、導入時のコストや構築期間を軽減し、サーバーのセキュリティ対策や運用などの維持管理にかかる手間から解放される機能を備えている必要があります。

豊富な導入実績やノウハウを持つシステムであること

公営企業会計システムは、水道事業、下水道事業、病院事業、交通事業など、様々な種類の公営企業に適用されます。

そのため、システムが各種公営企業の特性やニーズに応えられるように、豊富な導入実績やノウハウを持っている必要があります。

利用者の視点を重視した使い心地の良いシステムであること

公営企業会計システムは、初任者からベテランの職員まで幅広い利用者が操作することになります。

そのため、システムが画面デザインをリニューアルし、業務処理の流れ・運用に沿ったインターフェイスや豊富な操作支援機能を備えている必要があります。

 

以上のような特徴を持つ公営企業会計システムは、公営企業経営に資するシステム構築を行うためのポイントと言えるでしょう。

そこで導入をおすすめしたいのが、クラウド型の会計システムです。次の項では、公営企業会計システムにクラウド型の会計システムをおすすめする理由を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

公営企業会計システムにクラウド型の会計システムをおすすめする理由

公営企業会計システムにクラウド型の会計システムをおすすめする理由は、以下のようなものがあります。

いつでもどこからでも安全にアクセスできるから

クラウド型の会計システムは、インターネット上のサーバーにデータを保存するため、場所や時間を問わずにアクセスできます。

これにより、公営企業の経理担当者や管理者は、事務所にいなくても、リアルタイムで会計データを確認したり、報告書を作成したりすることができます。

常に最新のシステムを安全に利用できるから

クラウド型の会計システムは、提供会社が自動的にバージョンアップやメンテナンスを行うため、常に最新の会計基準や税制に対応したソフトウェアを利用できます。

また、利用者側でデータのバックアップやセキュリティ対策をする必要がなくなります。

経理作業の効率化と人的ミスを削減できるから

クラウド型の会計システムは、銀行口座やクレジットカードなどと連携して、入出金データを自動で取り込んだり、仕訳を作成したりすることができます。また、領収書やレシートなどをスキャンして簡単に取引入力したり、請求書や決算書などを作成したりすることもできます。

これにより、経理業務の効率化やミスの削減が期待できます。

経理や財務に関するデータの共有や分析が容易にできるから

クラウド型の会計システムは、顧問税理士や監査役などとデータを共有しやすいため、税務申告や監査対応などがスムーズに行えます。また、売上や経費などのレポート機能を利用して経営状況を分析したり、予算管理や経営計画の策定に役立てたりすることもできます。

公営企業会計に必要な会計システムのまとめ

このように、公営企業会計にはクラウド会計システムの導入がおすすめです。

公営企業の経理や会計業務には、民間企業と比較して、低コストでありながら安全性の高い機能が求められます。そのため、会計システムに必要な機能はもちろんのこと、常に最新のセキュリティ対策が施されやすいクラウド型のシステムがおすすめです。 公営企業の会計業務は事業内容によって異なりますが、それぞれに合わせて適切なクラウド会計システムを選択するために、まずはお気軽にスーパーストリームへご相談ください。貴社に最適なソリューションを迅速に提供いたします。

新規CTA

関連記事